楽天

楽天の期間限定ポイントをうまく使い切る5つの方法

楽天の期間限定ポイントをうまく使い切る6つの方法

こんにちは!

楽天の期間限定ポイントって期間が制限されていて使いづらいですよね・・・!

そこで今回は期間限定ポイントの使い道についての記事を書いていこうと思います。

結論から先に言うと期間限定ポイントはうまく使えば実質現金と同等の価値になります。

期限切れになるのは非常にもったいないですよ!

楽天の期間限定ポイント

SPUなどのポイントアップキャンペーンで付与されるポイントはたいていが期間限定ポイントです。

期間限定ポイントは通常ポイントとは違い制限が多くあり悩ませることが多いポイントの一つです。

スーパーセールなどのスロットゲームで付与されるポイントは10日が期限だったりすることもあります。

期間限定ポイントでできないこと
  • 楽天証券へのポイント投資
  • 楽天EDYへのチャージ
  • 楽天カードのポイント払い

主に上げるとするならこのあたりが期間限定ポイントでできないことになります。

逆に通常ポイントについては楽天証券へのポイント投資・楽天カードのポイント払いへ優先的に使うのがベストです。

楽天の期間限定ポイントの使い道 6選

ということで期間限定ポイントの消化方法について説明していこうと思います。

個人的にオススメなのが6つの方法です。

ここにタイトルを入力
  1. 楽天ペイの支払いへ設定
  2. 楽天でんきの支払いに設定
  3. 楽天モバイルの支払いに設定
  4. 楽天市場で使う
  5. 楽天ポイント提携店で使う

楽天ペイの支払いに設定

楽天ペイアプリをお持ちでしょうか?

楽天ペイアプリは最近増えてきたなんたらペイの中でも超優秀なアプリになります。

基本的に楽天ペイで支払える場所であれば優先的に楽天ペイを使っていきましょう!

ポイント還元率も1.5倍と優秀ですよ!

楽天ペイアプリでは支払いの際に「すべてのポイント/キャッシュを使う」というチェックボックスがあります。

これにチェックを入れることにより支払いの際に自動的に楽天ポイントを利用して決済を行ってくれます。

消化の優先順位は

期間限定ポイント>通常ポイント

となっているのでうれしいですよね!

500円の支払いで

期間限定ポイント200ポイント

通常ポイント100ポイント

ある場合、楽天ペイでお支払いした場合、

500円ー(200円+100円)=200円

200円でお買い物ができます。

クレジットカードへの引き落とし額は200円が引き落としされます。

大抵は楽天ペイの利用設定をしているとだいたいは消化しきれてしまいます。

ただネックなのが楽天ペイに対応しているお店が現状少ないというところがデメリットです。

楽天でんきの支払いに利用

でんき料金の支払いにも期間限定ポイントが使えます。

楽天が運営している楽天でんきでは支払いの際にポイントを使用するという項目があります。

これを設定しておくことで月々の電気料金の支払いでも期間限定ポイントが利用できます。

毎月5000円の電気料金となった場合もポイントで払えるので無理なく自然に消化できますね!

楽天モバイルの支払いに利用

またまた楽天のサービスになりますが、楽天モバイルでも月々の支払いでポイントを使うことができます。

そして嬉しいのが期間限定ポイントを使用できるという点!

楽天モバイル自体の携帯料金はそこまで高くないですが、これも設定しておくだけで自動的にポイントを優先的に使用するのでオススメです。

楽天市場で使う

特にほしいものがないという場合もあるかと思います。

そういった時は 金券やギフトカードを購入するというのも手です。

期間限定ポイントでギフトカードを購入し、ギフトカードが買い取り屋さんにもっていけば楽天の期間限定ポイントが実質現金化することもできます。

ただ、デメリットとしてこの方法は結構損をします。

VJAギフトカード/1,000円券/三井住友カード/商品券

上記の1000円分のギフトカードは1120円で販売されています(2019年7月現在)

また、VJAギフトカードの買取金額は1000円の場合970円

参考:大黒屋公式ホームページ

つまり、970円を得るために1120ポイントを消化するということになります。

この場合ですと、150円分ほどが損になりますので実際あまりオススメとは言い難い方法です。

現金が今すぐほしい!という場合はやってみるのもいいかなと思います。

2020年3月追記

どうやら現在楽天市場ではVISAギフトカードの販売ができなくなっているみたいですね。

普通に楽天市場でお買い物

そもそも現金化するつもりがないのであれば楽天市場で普通にお買い物に使うのがオススメです。

実質現金と同等の価値で割引がされるのでほしいものがある場合は普通にポイントとしてモノを買いましょう!

楽天ポイント加盟店で使う

最後に楽天ポイント加盟店で使うという方法をご紹介します。

楽天ペイには対応しておらず楽天ポイントのみに加盟しているお店は結構多くあります。

代表的なところで言うとマクドナルドやミスタードーナツといった飲食店です。

こういったお店で「楽天ポイントを使います」とお店の方に伝えるだけでポイントが消化できるのでオススメです。

まとめ

個人的にオススメな6つ方法をご紹介いたしました。

楽天ペイが導入されてからは期間限定ポイントの消化で困ったということはほとんどなくなったので楽天ペイは本当にオススメです。

楽天でんきや楽天モバイルといった生活の中で必ずかかる費用へ利用設定をすることで実質節約に繋がるので、期限をほとんど考えずに自然とポイント消化が進みます。

楽天ポイントは非常に溜まりやすいポイントですので、こういったサービスを活用しガンガン節約をしていきましょう!

更新情報を受け取ろう!
ゆたか
ゆたか
今後もお得情報を発信していく予定です。

最新記事はTwitterにてお知らせいたしますのでよろしければTwitterのフォローをお願いします。

 

現在資産運用中!

500円から始めるワンコイン投資【LINEスマート投資】

SBIネオモバイル証券