楽天

楽天カードのあとからリボ案件は怖くない!やるだけで1688ポイントゲット!

楽天カードリボ払い案件で最大1866ポイント獲得する手順

こんにちは!

今回は楽天カードで開催されている「あとからリボ払い」でポイント進呈のキャンペーンについて解説していきたいと思います。

リボ払い

この言葉を聞くだけで「ゔぅ」となる方も多くいるかと思います。

リボ払いって結局は借金なんでしょ?
リボ地獄って聞いたことあるし・・・
なんだか怖い・・・

リボ払い=怖いというイメージがありますが

実はこの楽天カードから開催されているあとからリボ払いのキャンペーンはしっかりと仕組みを理解すれば怖くない案件なのです。

ということでこれからその仕組みを解説していこうと思います。

初めての方向けのリボ払いキャンペーン

楽天カードリボ画像引用元:楽天市場

 

たまに開催されているのを見たことがあるかもしれません。

こちらは楽天カードのリボ払いのキャンペーンでポイントを獲得していない方に表示されるキャンペーンです。

コチラの案件は1回限りのキャンペーンとなります。

これをうまく調整するだけで最大1688ポイントゲットすることができます。

以降は後述する月20000円未満の支払いが条件となったキャンペーンがランダムで発生します。

キャンペーン概要

25000円以上「あとからリボ払い」を行うと2000ポイントプレゼント

  1. エントリーを行う。
  2. e-naviもしくは楽天カードアプリから「あとからリボ払い」を行う
  3. あとからリボ払いの対象金額を25000円以上に設定する

これで期間限定ですが、楽天ポイントが2000ポイントがもらえます。

リボ払いの手数料

リボ払いの手数料は年率15%という額で設定されています。

年率というのはどういう意味かというと1年間でかかる手数料のことを指します。

25000円の場合でいうと1年間で15%の手数料がかかりますよという意味になります。

25000円の場合の年率

25000円×15%=3750円

そしてリボ払いの時はこの年率の手数料をもとに1か月の手数料を算出しています。

1か月単位のリボ払い手数料

3750円÷12か月=312.5円(1か月)

つまり、25000円を「あとからリボ払い」にして来月に全額リボ払いを完済する場合25312円かかるということなります。

2か月かけた場合はさらに手数料が2か月分かかるようになります。

楽天カードの手数料シミュレーター

リボ払いの手数料の計算はこのようになっています。

楽天カードではありがたいことにリボ払いの手数料のシミュレータ-を用意してくれています。

これを使うことでどれくらい手数料がかかるか分かるようになりますよ!

リボ払いのシミュレーション

楽天カード25000円シミュレーション画像引用元:楽天カード

 

どれくらい手数料がかかるかについて理解できたかと思います。

つまり、リボ払いの手数料を少し払うだけで楽天ポイントを2000ポイントゲットできちゃうという激アツ案件だということが分かっていただけたかと思います。

初めての楽天カードあとからリボ手順

ということでここからは手順の説明になります。

やることは全部で4つになります。

  1. キャンペーンにエントリーする
  2. リボ払いの対象のお支払いを選択する
  3. 手数料を確認する
  4. リボ払いのおまとめ払いを設定

 

手順1 キャンペーンにエントリーする

楽天カードリボ

当たり前ですが、エントリーをしないとポイントは付与されません。

必ずエントリーを忘れずにやりましょう。

また、この記事を執筆している2020年3月現在は特に条件に記載されておりませんが、

月のショッピングリボ払いがいくらまでと設定されている場合がある場合は注意が必要です。

必ず、条件等については目を通すようにしましょう。

手順2「あとからリボ払い」で対象のお支払いを選択して25000に近づける

楽天カードリボ払いチェック

キャンペーンにエントリーすると自動的にあとからリボ払いの対象の支払いを選択する画面に遷移します。

そこで、チェックを入れてお支払い金額をなるべく25000円になるように調整しましょう。

手順3 リボ払い手数料を確認

この時にいくら手数料がかかるか確認しておきましょう。

先ほどご紹介したショッピングリボ返済シミュレーションを使って手数料を確認していきます。

リボ手数料を確認

25382円の場合は手数料が313円ということなりました。

つまり、2000-313=1687ポイントもらえますね

なるべく25000円に近づけたほうがお得になりますね。

手数料を確認したら、確認画面を押して最後に申し込みを確定するボタンをタップして完了です。

楽天カードリボ申し込み

手順4 忘れないようにリボ払いの残高まとめて払い設定

超重要なので必ずすぐに設定してください。

リボ払いの支払いコースは初期設定のままですと3000円になっています。

この設定のままですと、手数料がシミュレーションした通りにならず何回も少ないリボ払いを行い続けることになってしまいます。

リボ残高のまとめて払い
  1. e-naviを開いて上タブにある「リボ・キャッシング」をクリック
  2. その後「リボ残高のおまとめ払い」をクリック

 

リボ払い全額払い

画面遷移後にリボ払いの箇所にて金額が表示されています。

  1. ここで全額払いにチェックをいれる
  2. 最後に確認ボタンをクリックし申し込みを完了

させます。

この手順を行うことで来月の請求でリボ払いをすべて完済させることができます。

リボ払いの手数料におびえなくてOKです。

まとめ

ということで楽天カードのはじめての「あとからリボ払い」について説明してみました。

今までキャンペーンに出ていたけど怖くてできなかったという方もたくさんいらっしゃると思います。

これを見ていただければわかるように、きちんとした手順さえ踏めば必ずもらえるキャンペーンになっておりますのでおいしいキャンペーンであることが分かっていただけたかと思います。

それと注意点ですが、似たようなキャンペーンで自動でリボ払いというのがありますが、これは自分で制御できなくなる金額以上にリボ払いになる可能性があるキャンペーンです。

このキャンペーンには参加しないように注意してください。

これは手数料が膨大になる可能性が高いです。

あくまであとからリボ払いで自分の設定した金額を確認してということを意識してやってみて下さい。

このキャンペーンは1度しか挑戦できないキャンペーンになっています。

 

あとリボ3000

このキャンペーンをクリアした後にランダムでこのようなキャンペーンが出てくることがあります。

このキャンペーンは25000円キャンペーンと条件が異なっておりますのでそれについてはこちらの記事へどうぞ!

https://tedori-up.com/rakuten-card-ribo-2nd/

 

更新情報を受け取ろう!
ゆたか
ゆたか
今後もお得情報を発信していく予定です。

最新記事はTwitterにてお知らせいたしますのでよろしければTwitterのフォローをお願いします。

 

現在資産運用中!

500円から始めるワンコイン投資【LINEスマート投資】

SBIネオモバイル証券