楽天

楽天ラッキーくじをやらなくていい理由!当選確率の推測と時給換算した結果

楽天ラッキーくじ

こんにちは!

楽天にはラッキーくじというものがありますよね。

毎日抽選で何名かにポイントが当たりますよというキャンペーンです。

私個人としてはこのラッキーくじはやらなくていいと考えています。

その理由について説明していこうと思います。

楽天ラッキーくじとは?

楽天ラッキーくじとは楽天関連のサービス内で引ける抽選でポイントが当たりますよ!というコンテンツです。

例としてはこのようなキャンペーンが毎日開催されています。

1名5000ポイント
1000名1ポイント

時間効率が悪すぎる

ポイントを貯めるポイ活はコツコツと毎日やっていくことが基本的に重要です。

しかし、この楽天ラッキーくじめちゃくちゃ手間と時間がかかります。

そして、手間と時間をかけた割には当選しない可能性があります。

ポイントをコツコツ貯める活動をしているのに全くポイントが貯まらなかったらやる気がでなくなりますよね?

それにラッキーくじはすべてアニメーションがスタートして結果の当選告知となるので、1つの抽選結果を確認するのに1分ほどはかかると思います。

実際当選確率ってどれくらいなの?

楽天市場の利用者数は約4000万人といわれています。

この中の10%の人が毎日ラッキーくじを引いていると仮定します。

10%だとしても400万人

25000本の当たりがあるくじを引いたとしても

当選確率はおおよそ0.6%しかありません。

だいたい1%くらいかと思います。

1 - (1 - 4000000) ^ 25000

時給効率悪すぎる

仮に100回やって1回1ポイントが当たるという風に仮定した場合

時給0.6円です。(笑)

もしかしたら、もっと当選確率が高いかもしれませんがこれくらいに落ち着きます。

この作業をやるくらいならもっと他のことに時間を使うべきだと私は考えます。

当選確率1%

100回で1ポイントもらえる想定

→1回あたり0.01ポイント

1分間で1回チャレンジ

0.01×60=0.06円/1h

まとめ

楽天ラッキーくじはポイントを貯める時間効率が悪すぎるのでオススメしません。

ただ唯一オススメなのが楽天スーパーセールとお買い物マラソンの際にやっているラッキースロットです。

こちらは相当な数の当たり数が用意されているので体感1/3くらいで当選します。

しかし、デメリットとしては期間限定ポイントの中でも期間が1週間ほどとめちゃくちゃ短いです。

しかし、期間限定ポイントも使い道は楽天ペイ・楽天EDYチャージと多くあるので無駄にはならないと思います。

ぜひこのタイミングの場合は引いてみるといいと思います。

結論

ラッキーくじは引かなくて大丈夫です。

更新情報を受け取ろう!
ゆたか
ゆたか
今後もお得情報を発信していく予定です。

最新記事はTwitterにてお知らせいたしますのでよろしければTwitterのフォローをお願いします。

 

現在資産運用中!

500円から始めるワンコイン投資【LINEスマート投資】

SBIネオモバイル証券